大人気のダウンスーツ – カナダグース!素材攻略法

モンクレールジャケット販売メンズ その卓越した機能性とスタイルで今日最もよく知られているダウンブランドの一つとなっています。 試してみたいと思いつつも、サイズ感やスタイルに惹かれている方も多いと思いますが、今日はカナダグースの選び方をご紹介します!

大人気のダウンスーツ – カナダグース!素材攻略法.

1950年代、移民一世であるサム・ティックは、トロントの小さな倉庫でウールベストとスキーウェアを専門とするアーバンスポーツウェアの会社を設立しました。 1970年代になると、サムの息子である女性デビッド・ライスは、ウールのフィラーを開発し、会社を全く新しい時代へと導いたのです。

その後、1980年代には南極探検隊のために防寒着をカスタマイズしたり、カナダ国家警備隊やレンジャー、環境調査員などに冬の気温や風、雪の中での作業を想定したオーバーオールを提供したりと、10年ごとに大きな飛躍を遂げてきました。

カナダグースのブランドの本当の台頭は1990年代に来て、カナダのナショナルブランドになるために飛躍しました。 1990年代に世界的にベストセラーとなったスリラー映画『トゥモロー・アフター・トゥモロー』や『ナショナル・トレジャー』の公式コスチュームにもなりました。 これまでのところ、ブルームバーグ・ビジネスウィークの創始者は、”多くの場所で、カナダグースがかつてのLVバッグのように燃えている “と述べています。 その結果、今最もホットな防寒着となっています。


様々な芸能人のニュースで見ることができます。 最大のスポークスマンの一人がプーチン大王だ。

カリフォルニアのハリウッドスターたちが「ビッググース」と呼ばれるようにアメリカの美しい凍てつく東の大地を旅したことで、カナダグースはすぐにファッションとして注目されるようになりました。

なぜカナダグースは高いのか? カナダ製。

多くの著名な高級企業がコスト削減のためにアジアの発展途上国に製品ラインをシフトしていますが、カナダグースは1957年から現在に至るまで現地で生産されています。 デザインから仕立て、クラフトステッチまで、すべてカナダで行われており、すべてハンドメイドで作られています。”人件費が高い “というのは、服が高い大きな理由です。 年産はあまり高くなく、一番寒い時期には品質が悪いので、セールになることはほとんどないので、値引きを待つ必要はほとんどありません。

品質材料
カナダの国宝であるダウンスーツは、ダックダウンのグースダウン、コヨーテの毛皮など、最高級の素材を使用しています。
ブランド名がグースであるにもかかわらず、使用されているフィラーに基づいて正式にはホワイトダックダウンと表示されていますが、一つだけ明確にしておかなければならないことがあります。
帽子のつばのファーループは、カナダ北西部準州のコヨーテの毛皮を使用しており、ダウンジャケットの軽さと暖かさを両立させているのではないでしょうか。

また、カナダグースの多くのモデルには「アークティックテック」と呼ばれるファブリック技術が採用されています。 過酷な環境や気候でもドライで保温性に優れた実証済みのパフォーマンスファブリック。 耐久性のある防水面、耐水性、耐久性、保温性、耐風性に優れています。
高品質な素材と高度な技術で、カナダグースのダウンジャケットは世界で最も暖かいです!

コメントを残す